2020年09月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
「明日は何の日」は、1年365日の記念日を紹介する記念日のカレンダーです。

各種の業界団体で、需要の促進を目的に制定されたものや、昔からの言い伝えを取り入れられたもの、月日の語呂合わせから考えられたものなど様々です。

明日の記念日をチェックして、朝礼や社内・社外のコミュニケーションにお役立てください。
09月09日の記念日
1

 0コメント

手巻き寿司の日

「9」と「9」を「く(9)るく(9)る」と読む語呂合わせから、家族で手巻き寿司を食べる日になってほしいと水産加工品を製造している㈱スギヨが「手巻き寿司の日」として制定しています。

3

 0コメント

世界占いの日

日本占術協会により1999年に制定された記念日です。理由は「重陽の節句」であること、ノストラダムスの大予言による終末の予言の日が「1999年9月9日」であること、それらの数字を全部足すと「46」であり、その2つの数字を足すと、完成を意味する「10」になることなどが由来しています。

4

 0コメント

食べ物を大切にする日

2008年、食べ物を捨てることなく、食べきることは健康にも通じるという考えから、健康長寿を祝う重陽の節句にあたる9月9日が「食べ物を大切にする日」と定められました。また、食べ物を「捨てないん(ナイン)」「残さないん(ナイン)」の語呂合わせでもあります。財団法人ベターホーム協会が2008年に制定しています。

5

 0コメント

栗の節供

古来中国では、奇数はよいことを表す数字として、「9」が重なる9月9日を、「重陽(ちょうよう)の節供」と定め、不老長寿や繁栄を願うようになりました。「重陽の節供」の日は、秋の収穫祭とも重なっており、栗ご飯を炊いたり、収穫を祝う習慣もあり、「栗の節供」とも呼ばれています。

6

 0コメント

重陽(ちょうよう)の節句

9月9日は、「9」が重なり、陰陽思想で奇数は「陽の数」として「重陽(ちょうよう)」と呼ばれいます。古来、奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため、邪気を払うために、節句が行なわれていました。また、古来日本では、この日、菊花酒(菊の花を浸した日本酒のこと)を飲む風習があったとのことです。年中の有名な節句として、1月7日の人日(じんじつ)の「七草の節句」、3月3日の上巳(じょうし)の「桃の節句」、5月5日の端午(たんご)の「端午の節句」、7月7日の七夕の「七夕の節句」があります。

  • 1

Topic トピックを投稿する

  1. 内容の入力

  2. 内容の確認

  3. 投稿完了

{{ title }}

{{ quoteInfo[i].before }}

{{ quoteInfo[i].title }}

{{ quoteInfo[i].url }}

{{ quoteInfo[i].desc }}

引用内容を変更する
前の画像 前の画像 次の画像 前の画像 画像なし
変更
ご投稿いただきありがとうございました!
管理人が投稿内容を承認するまでしばらくお待ちください。 閉じる

明日の人気トピック - 09/21(月)

明日の天気

09/21(月)

時刻 天気 気温 降水量 湿度

明日は何の日 - 09/21(月)

  1. 国際平和デー

    1981年に国連で制定された国際デーで、すべての国に(個...

  2. 世界アルツハイマー・デー

    1994年、国際アルツハイマー病協会が国際会議にて、この...

  3. ファッションショー・メモリアル・デー

    1927年、日本初のファッションショーが東京・日本橋の三...

もっと見る